dockerでコンテナに関するコマンド

docker-ps-CONTAINER docker

dockerでコンテナに関するコマンドをまとめました。
自分用にメモしていたものを公開します。

コンテナ名を付けて起動する

コマンド:
# docker run -it –name test centos
上記のコマンドを実行すると作成と同時にコンテナも起動し、そのタイミングで自動的にログインします。

また、ログイン状態を抜けるには”control“を押した状態で”P、Q“を順番に押します。
この抜けることを「dettach(デタッチ)」と呼びます。
サーバからログアウトする感覚でexitコマンドを実行すると、起動したコンテナも停止してしまうので注意してください。

コンテナ一覧を表示

コマンド:
# docker ps -a

コンテナに再度ログインするには、docker attach <CONTAINER IDまたはNAME>を実行します。

# docker attach <CONTAINER ID>または<NAME>

コンテナの起動

# docker start <CONTAINER ID>または<NAME>

コンテナの停止

# docker stop <CONTAINER ID>または<NAME>

コンテナの再起動

# docker restart <CONTAINER ID>または<NAME>

コンテナの強制停止

# docker kill <CONTAINER ID>または<NAME>

停止したコンテナを削除する(一つ)

# docker rm <CONTAINER ID>または<NAME>

停止したコンテナを削除する(複数)

# docker rm -f $(docker ps -a -q)
# docker ps -a -q | xargs docker rm

ログ確認

docker run -d centos /bin/sh -c “while true;do echo hello zzyy;sleep 2;done”
docker logs <CONTAINER ID>
docker logs -t -f –tail 3 <CONTAINER ID>

dockerプロセス確認

docker top <CONTAINER ID>

execコマンド

docker exec -t <CONTAINER ID> ls -l /tmp

dockerファイルをコピーする

docker cp <CONTAINER ID>:ファイルのフルパス ローカルのパス

コメント

タイトルとURLをコピーしました