WordPressでGmailのSMTPを使って、メールを送信する

WordPress Gmail設定 ノウハウ

プラグイン「WP Mail SMTP by WPForms」で、各メールプロバイダーのSMTPサーバを使用して、メールを送信できます。今回はGmailのSMTPを使って、メールを送信する手順をまとめます。

プラグインのインストール

プラグインの追加画面から「WP Mail SMTP」と検索し、今すぐインストールのアイコンをクリックし、「WP Mail SMTP by WPForms」をインストールします。
インストールしたら、プラグインを有効化する。最後は以下のようになります。

WP Mail SMTP by WPForms インストール

プラグインの設定

プラグインの一覧画面から、「WP Mail SMTP」の設定画面を開きます。
以下のように設定し、保存する。

項目 設定値
送信元アドレス 送信に使用するgmailのアドレス
Force From Email チェックする
送信者名 メールの送信者名に表示したい名前
Force From Email チェックする
返信先 チェックする

WP Mail SMTP by WPFormsの設定1

項目 設定値
メーラー Other SMTPを選択する

WP Mail SMTP by WPFormsの設定2

項目 設定値
SMTP ホスト smtp.gmail.com
暗号化 TLS
SMTP ポート 587
認証 ON
SMTP Username gmailのアドレス
SMTP Password gmailのパスワード

WP Mail SMTP by WPFormsの設定3

Googleアカウントの設定変更

Googelのアカウントは以下のように設定する必要です。
設定していないと、Gmailの送信ができない。設定したら、セキュリティレベルが低くなるため、
普段で使わないアカウントで設定してください。

Gmailの設定

メール送信の確認

「WP Mail SMTP」の設定画面に「Email Test」というタブがあるので、クリックしてテストメールの送信画面を表示します。

メール送信確認

コメント

タイトルとURLをコピーしました