エンジニアとして必ず使うツール_windows版

エンジニアとして必ず使うツール その他

初心者のエンジニアとして、普段の仕事に役に立つツールを探していますね?
何年を経った経験者にとって、自分に合って、業務の改善や効率アップに役に立つツールが
分かったはずだが、初心者にとって、どのツールが良いか分からないため、
今日は目的に合った役に立つツールを紹介します。

ツールの種類

エンジニアの作業を効率アップするため、開発環境からスケジュール管理まで、数え切れないほどのツールが存在します。
とくにプログラミングをする上での開発環境・エディタの選択は重要だと思います。

テキストファイル編集ツール

さくらエディタ

「さくらエディタ」は、動作が軽くて高機能なテキストファイルです。
さくらエディタ の検索機能がすごく良いため、大量のファイルから一瞬で指定したキーワードを検索し、移動することができます。
初心者にとって、一番良いエディタだろう。

Notepad++

Windows標準の「メモ帳」の代わりとして、高機能なテキストエディタとして開発された「Notepad++」は、プログラマー向けに開発された海外でも人気のテキストエディタである。
JavaやJavaScript、C/C++やPerl、PHPなど主要言語を始めとして30種類以上の言語のハイライト表示に対応しており、grepやファイル比較といった機能も備えている。
また、プラグインを追加することで拡張機能を利用することができる点も大きな特徴だ。

TeraPad

「TeraPad」は軽量な動作が特徴的な、シンプルな日本語テキストエディタだ。Java、JavaScriptやPerlなどのハイライト表示機能や行番号、ルーラーの表示、ドラッグ&ドロップでの編集機能も備えており、初心者からベテランエンジニアまで幅広いユーザー層を持っている。

秀丸エディタ

多くのベテランエンジニアに好んで使用される「秀丸エディタ」は、軽量かつ高機能なテキストエディアだ。開発言語別のハイライト表示やgrep機能、ファイル比較はもちろん、回数無制限のUNDO/REDO機能や、1000万行までのファイルを処理できる点などが評価されている。

ファイルの比較ツール

WinMerge

例えば、AさんとBさんがそれぞれ作成・修正したソースコードを比較しながら、1つのファイルにマージするときに役に立ちます。
使い方も分かりやすく簡単に編集ができますので、初心者におすすめします。

DF

「DF」は、ソースコードのファイルの差分を比較するときに、使用する機会が多いツールです。
使い方がシンプルで、コードの変更点も視覚的に分かりやすく、Windowsを使用したプログラマーなら入れておきたいツールの1つです。

圧縮、解凍ツール

Lhaplus

「Lhaplus」は、ファイルの圧縮、解凍が簡単にできるツールです。
さまざまな関連付けられる拡張子の種類を豊富に設定できるのが特徴です。「.tar」「.tar.gz」の圧縮形式であるにも対応していますので、OS間で圧縮したファイルのやり取りも可能です。

使い方も非常にシンプルで圧縮・解凍ソフトの定番と言えます。

7-zip

必要な機能が揃っています。圧縮ファイル内のファイルを解凍せずに閲覧可能、圧縮時にパスワードがかけることができる、圧縮時に大きなファイルを100MB単位などに分割可能などの利点があります。

ターミナルツール

Tera Term

「Tera Term」 は、有名なターミナルエミュレータソフトです。
WindowsのPCからLinuxのPCにSSHなどの形式で接続して、リモートで端末を操作するときに使用します。初心者におすすめです。

FTPツール

WinSCP

WinSCP」は、「FTPS接続」の他SSHを利用する「SFTP接続」や「SCP接続」に対応した「FTPクライアントソフト」です。ローカルとサーバーの間で安全にファイルを送受信する事ができます。ユーザーインターフェースのカスタマイズ、ミラーリング/同期機能、コンソールからのコマンド入力の他、同一拡張子のファイルを選択する機能などがあり、「WinSCP」の日本語化もオプションの環境設定から簡単に設定できます。初心者におすすめです。

FFFTP

「FFFTP」は、ファイル転送用のソフトとして有名なツールです。
Lanやインターネットに接続した端末間で、ファイルの転送を行うことができます。使い方も分かりやすく、初心者でも簡単に使用することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました