memcachedをインストールする三つ方法

linuxでmemcachedをインストールする AWS

AWSではElastiCacheサービスでmemcachedが選択できますが、今回はEC2にMemcachedをインストールする方法を紹介します。

amazon-linux-extrasでインストールする

①memcached検索

amazon-linux-extras list | grep memcached

②インストール

amazon-linux-extras install -y memcached1.5
③確認
yum list installed | grep memcached

④memcached削除

yum remove -y $(yum list installed | grep memcached | awk ‘{print $1}’)

yumでインストールする

①memecached検索

yum search memcached | grep ^memcached

結果:
memcached-devel.x86_64 : Files needed for development using memcached protocol
memcached.x86_64 : High Performance, Distributed Memory Object Cache

②インストール

yum install -y memcached-devel.x86_64 memcached.x86_64

③確認

rpm -qa | grep memcached

結果:
memcached-devel-1.4.15-10.amzn2.1.2.x86_64
memcached-1.4.15-10.amzn2.1.2.x86_64

④Memcached削除

yum remove -y memcached-devel.x86_64 memcached.x86_64

ソースからインストールする(コンパイル)

①必要なパッケージを事前にインストールする

yum -y install gcc gcc-c++ automake autoconf make cmake libevent-devel.x86_64

②ソースダウンロード

公式サイトからソースコードのリンクを取得し、以下のコマンドでソースコードをダウンロードする。

wget http://www.memcached.org/files/memcached-1.6.9.tar.gz

・作業用ディレクトリへ移動
$ mv memcached-1.6.9.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src/
$ tar zxf memcached-1.6.9.tar.gz

③コンパイル

$ cd memcached-1.6.9
$ ./configure –prefix=/usr/local/memcached
$ make && make install

④memcached起動

/usr/local/memcached/bin/memcached -m 16m -p 11211 -d -u root

説明:
-m メモリサイズ指定
-p ポート指定、デフォルト値:11211
-d デーモンモードで起動
-u 指定ユーザ
-c 同時接続数
⑤起動後の確認
netstat -tunpl | grep 11211
タイトルとURLをコピーしました