Linuxで分かると便利なコマンド操作

Linuxで分かると便利なコマンド操作 Shell

Linuxで分かると便利なコマンド操作について、今回のテーマとして、紹介いたします。

過去実行済のコマンド再実行

直前に実行したコマンドを再実行したい場合、以下の方法を実行できます。

直前コマンドの再実行

直接に以下のコマンドで実行する。

> !!

直前のコマンドを確認してから、実行する。

1つ前のコマンドを表示 → [↑]キーまたは[Ctrl]+[P]キー

最近実行した特定な文字で始まるコマンド

> !特定な文字

過去のコマンドの再実行

履歴情報を表示するには、historyコマンドを実行する。最近実行した10個の履歴を表示する場合は、以下のように入力する。履歴の左側に表示されている数字はヒストリの番号です。

>history 10
結果:
25 su –
26 ls
27 ls ..
28 ls bin
29 clear

ヒストリの番号で実行

!番号

直前コマンドの引数を利用

例として、特定なフォルダを作成し、作成したフォルダに移動する場合、フォルダを2回うつのはめんどくさいので、簡単な方法がないかを調べてみると、以下の方法で実現できる。

>mkdir abc
>cd !$

!$ 特殊な変数で前回のコマンドの引数を保存している。


コメント

タイトルとURLをコピーしました