postgreSQLのデータベースに関するコマンド

postgresqlデータベースに関するコマンド postgreSQL

postgreSQLでデータベース関連のコマンドをまとめました。
自分用にメモしていたものを公開します。
※#から始まるコマンドはpsql内で、$から始まるコマンドはpsql外で実行するコマンドになります。

データベースの接続

$ psql -U <ユーザ名> <データベース名>

データベースの接続を切る

# \q

データベースの切り替え

# \c <データベース名>
または
# \connect <データベース名>

バージョンの確認

$ psql –version
または
# select version();

ヘルプの表示

$ psql –help
または
# \?
# \h

データベース一覧の表示

$ psql -l
または
# \l
# \l <データベース名>

データベースの作成

# create database <データベース名>;

データベースの作成(同時接続数を設定)

# create database <データベース名> connection limit <最大接続数>;

最大接続数の確認

# select datname,datconnlimit from pg_database;

データベースの最大接続数を変更

# alter database <データベース名> connection limit <最大接続数>;

データベースの名前を変更

# alter database <旧_データベース名> rename to <新_データベース名>;

データベースとロールの確認

# select datnmae, pg_authid.rolname as dbrollname from pg_database
       join pg_authid on pg_authid.oid = pg_database.datdba;

データベース所有者を変更

# alter database <データベース名> owner to <ユーザ名>;

データベースのテーブルスペースを変更

# alter database <データベース名> set tablespace <テーブルスペース名>;

データベースを削除

# drop database <データベース名>;

現在接続しているデータベース名を取得

# select current_database();

コメント

タイトルとURLをコピーしました