PHPでPostgreSQLに接続する

phpとpostgresql接続 PHP

postgreSQLをインストールしてから、phpでpostgreSQLに接続するため、いろいろな設定が必要となります。

PHP.iniファイルの変更

PHPでPostgreSQLに接続するため、php.iniでの設定が必要となります。
php.iniをテキストエディタなどで開いて、extension=pgsqlと書かれた箇所を検索して下さい。
「extension=pgsql」の先頭にセミコロン(;)が付いている場合はセミコロンを削除する。

php.ini修正

extension_dirを検索し、phpのextフォルダを指定する。

php.iniの変更

確認用phpファイル

以下のphpコードをpostgresql.phpファイルに書きます。

<?php
  $host    = “host=127.0.0.1”;
  $port    = “port=5432”;
  $dbname   = “dbname=postgres”;
  $credentials = “user=postgres password=test2”;
  $db = pg_connect( “$host $port $dbname $credentials” );
  if(!$db){
   echo “Error : Unable to open database\n”;
  } else {
   echo “Opened database successfully\n”;
  }
?>

接続確認

ブラウザでhttp://localhost/postgresql.phpを入力し、以下の画面を表示します。

エラーメッセージ:<Call to undefined function pg_connect()

phpとpostgresql接続

エラー対応:

apacheのhttpd.confに以下の内容を追加する。

Loadfile “D:/WAMP/php-7.3.10/libpq.dll”

上記の内容を追加したら、apacheを再起動する。

httpd -k restart

ブラウザでhttp://localhost/postgresql.phpをアクセスし、以下の接続情報を表示します。

phpとpostgresql接続

コメント

タイトルとURLをコピーしました