Go言語の定数、変数、コメントについて

Go言語の定数、変数、コメントについて Go

前回はGo言語のHelloWorldを紹介しました。今回はGo言語の定数、変数、コメントについて説明します。

定数

定数はキーワード「const」で定義します。
定数の場合は型名は省略可能で、多くの場合指定しません。
※定数が値を設定したら、別の値を設定すると、エラーとなる。

const pi = 3.14

下記の様にまとめて定義することもできます。

const (
pi = 3.14
cost = 200*100
)

変数

変数は「var 変数名 型名」の形式で変数を定義します。

var cost int = 100
var cost2 = 200

※初期値により型名が明白な場合は型名を省略することもできます。

var cost int

※初期値を省略すると 0 や空文字列 “” などで初期化されます。

cost := 123

※初期値を指定する場合は、:= を用いると var も省略することができます。

下記の様にまとめて定義することもできます。

var (
cost1 int = 100
cost2 int = 200
cost3 int = 300
)

値を変数に代入する場合、以下のようになります。

cost1 = 222

複数の値を同時に代入することもできます。

name, age = “aa”, 30

コメント

コメントはコンパイルの際に無視されます。
// … 形式、または、/* … */ 形式のコメントを書くことができます

// ここはコメントです
/* ここも
コメントです */

行末のセミコロン

行末にはセミコロン(;)を書きますが、ほとんどの場合省略することができます。セミコロンを書くことで複数の文を1行に記述することができます。

num = 123; str = "ABC";

コメント

タイトルとURLをコピーしました