Goの算術演算子、比較演算子、論理演算子の使い方

Go算術演算子、比較演算子、論理演算子 Go

今回はGoの算術演算子、比較演算子、論理演算子について説明します。

算術演算子

算術演算子は数値に対して使用します。よく使うのは四則演算子と剰余です。
コードで確認しましょう。

package main
import “fmt”

func main() {
    v1,v2,v3 := 2,3,10

    fmt.Println(v1 + v2)
    fmt.Println(v1 – v2)
    fmt.Println(v1 * v2)
    fmt.Println(v3 / v2)
    fmt.Println(v2 % v1)
}

結果:

+   和     2 + 3    ->  5
-   差     2 - 3    ->  -1
*   積     2 * 3    ->  6
/   商     10 / 3   ->  3  ※ 整数の割り算では余りを切り捨て
%   剰余    3 % 2    ->  1

比較演算子

比較演算子では 2 つの値を比較し、大きいか小さいか、等しいか等しくないか、などの評価を行います。
評価の結果はbool型を返す。ここでは比較演算子の使い方について解説します。

大小および等しいかどうかの比較

大きさを比較する比較演算子は < 、 <= 、 > 、 >= の 4 つが用意されています。

<    左辺は右辺よりより小さい
>    左辺は右辺より大きい
<=   左辺は右辺と等しいかより小さい
>=   左辺は右辺と等しいかより大きい

等しいかどうかの比較演算子は == 、 != の二つが用意されています。

==    左辺と右辺は等しい
!=   左辺と右辺は等しくない

論理演算子

Go では利用できる論理演算子として &&、 || 、 ! の3つが用意されてます。
ここでは論理演算子の使い方について解説します。

コードで確認しましょう。

package main
import “fmt”

func main() {
    fmt.Println(true && true)
    fmt.Println(true && false)
    fmt.Println(true || false)
    fmt.Println(false || false)
    fmt.Println(!false)
    fmt.Println(!true)
}
結果:
true
false
true
false
true
false
結果から見ると、以下の結論が出ました。
&& and条件 a && b aとbが共に真の場合「真」
|| or条件 a || b aまたはbが真の場合「真」
! 否定 !a aが偽の場合「真」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました